スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています






■■■■■■おすすめ案件いろいろ■■■■■■
どう考えても1000円の教材内容ではありません。


  • 0

    自動車保険の見積もり

    節約(保険の見直し・見積もり) comments(0) trackbacks(1) sachi
    基本的な自動車保険の節約方法の前に、、、
    まずはあなたの車や免許証について確認をお願いします。

    1. あなた所有の車を運転する最低年齢は何歳の人?
    2. 自動車保険には等級があるって知ってる?
    3. 免許証は何色ですか?
    4. 年間の走行距離は?
    5. 車の安全装置やエコ対策は?
    6. あなた所有の車を運転するのは誰?

    最低、コレくらいは確認しておきましょうね。と言っても分からないこともあるかと思いますので、分からない人は意識だけしながら読み進めてください。

    ■ あなた所有の車を運転する最低年齢は何歳の人?
    あなたが所有する車をあなたしか乗らないのであれば考える必要はありません。あなたの年齢に合わせた保険に加入すればいいことになります。仮にあなたが主婦で夫の車を運転する場合は、年齢の低いほうに合わせた保険に加入することになります。車を使う人の年齢に合わせた「年齢条件」を設定することにより、保険料を安くしようというものです。年齢条件を設定することにより、条件以外の年齢の人が運転することが出来なくなり、危険が低くなるため保険料が安くなるわけですね。もちろん年齢が低いほうが保険料が高くなります。ですから、毎年見直しをし、今の年齢にあった条件に変更していくことが肝心です。

    ■ 自動車保険には等級があるって知ってる?
    自動車保険では様々な角度から条件等によって区分けをし、保険料を決定しています。しかし、それだけではあらゆる個々の危険度が分かりません。例えばAさんとBさんでまったく同じ条件の保険に加入したとしても、性格などでも危険度が異なるからです。そこまで保険屋さんも見られないので、代わりに参考にするのが過去の保険事故暦から保険料の調整をすること。いろんなところから情報を仕入れ、さらに条件を設定することによって等級に分け保険料を設定しているんですね。

    ■ 免許証は何色ですか?
    あなたの免許証は何色だろうか?ちなみに私はゴールドです。毎日車通勤していますが、今のところ違反や事故はありません。したがってゴールドをいただいています。これはつまり、危険度の目安になります。ゴールド免許証を持っているということは過去5年間に事故や違反が無いことが証明されるわけです。ゴールド免許証を持っている人は安全運転の人だと判断されるわけですね。そうすると保険料が安くなります。

    ■ 年間の走行距離は?
    車の保険料とは事故にあう可能性や危険があるから加入するんですね。そう、年間に1度しか運転しない人と、毎日通勤に使う人では危険度が違います。当然、毎日運転する人のほうが事故にあう可能性が高いわけですね。ですから、年間走行距離で保険料に差をつけている場合があります。

    ■ 車の安全装置やエコ対策は?
    今新車販売されている車は低公害車ですね。中古車ですと、低公害車ではないものもまだまだあります。エアバックだって装備されていない車が多いですね。すると、どうでしょう?保険料に差が出るのが納得できるのではないでしょうか?エアバックの付いた車と、付いていない車では危険度が違いますよね。

    ■ あなた所有の車を運転するのは誰?
    車の所有者のみが運転する場合と、不特定多数の人が運転する場合。どちらが危険度が高くなるかは容易に想像できます。通常は家族内でしか車は共有しないと思います。でしたら家族限定割引などが利用できます。また、夫婦間でのみ使用する場合は本人と配偶者限定割引などもあります。


    ダイレクト系保険の安さの秘密
    テレビCMなどで耳にすることも多いですよね。
    ダイレクト系の保険会社は店舗を持ちません。代理店もありませんので、その分費用を抑えられます。
    業務や手続きのほとんどを電話と書類の郵送だけで済ませてしまいます。
    いざ事故のときも電話一本。後に書類といたって簡単です。
    それが安さの秘密です。

    とりあえず年払いにする
    生命保険も自動車保険も何もかも年払いがお得。確かに年払いにすると一度に支払う額が大きくなりますが、年間に支払う額は減らせます。ちなみに生命保険と自動車保険などを年払いにすると一般的な人(家庭)で年間3万円から5万円程度節約できます。さらに国民年金も年払いに。。。すると、一人あたり約 3,000円の節約に。

    安かろう、悪かろうでは困ります
    まずは自分の条件を確認しましょう。最低限、上に挙げたことは確認しておかないと、ただ安いだけでいざというとき役に立たない保険になってしまうかもしれません。一番大切なのは安さではなく、安全・安心です。そして安全・安心をお金を出して買うことを忘れないで下さい。自分にとって安全・安心を買うことが出来る中で安いものを探すのが保険料を節約する第一の鉄則です。

    [自動車保険の一括見積もりサービス(最大10社)]



    「価格.com自動車保険」無料一括見積!






    ■■■■■■おすすめ案件いろいろ■■■■■■
    どう考えても1000円の教材内容ではありません。


    生命保険の見直し・相談・比較

    節約(保険の見直し・見積もり) comments(0) trackbacks(0) sachi
    まず生命保険には2つの大きな意味があることを理解しましょう。
    ひとつはもちろん命に関わることです。もしものときに残された家族の為、ケガをしたときの医療費に当てるためなど。
    そしてもうひとつが貯金・貯蓄目的です。

    さらに、公的な保険もあります。これは普段意識していないかもしれませんが、国民年金や厚生年金です。年金とは老後のために。。。これも保険です。つまり、この公的保険を十分理解したうえで足りない部分・それ以上必要な部分を補う形の生命保険に加入するのが賢い方法だといえます。

    以上のことを理解・確認したうえで自分や家族にとって本当に必要な保険とは何か?を見極める必要があります。今現在も生命保険に加入していると思いますが、まずは今の保険を見直すことからはじめましょう。

    ■ 生命保険の見直しのポイントとは?
    生命保険を見直して保険料を安くしよう!とは言うものの、実際にはなにを見直せばいいのか分からない場合がありますね。だからこそ、本当に必要な保障をはっきりとさせることが大切です。とりあえずは今加入している保険を見てください。本当にそれで大丈夫ですか?もしくは払いすぎていませんか?例えばあなたの家系はガン家系では?などなど、見るところもその人や家庭によって違うはずですから、隅から隅まで良く確認することが見直しの第一歩です。

    ■ 掛け捨て型と貯蓄型の違い
    そもそも、こんなことを考えること自体が間違っています。それは役割が違うからです。保険だからとにかく保障が第一!だと考えるのであれば掛け捨て型で。老後の貯蓄目的ならば貯蓄型にすればいい。ただそれだけのことです。

    ■ いつまで支払うの?いつまで保障されるの?
    保険料は支払い期間と、保障期間で変わってきます。一生涯支払うタイプのものは月々の保険料は安くなりますが、長生きした場合は総額で高くなることもあります。単純に安くしたいのであれば支払い期間は長く、保障期間は短くすれば安くなりますが、まずは確認してください。

    ■ 保険会社と保険内容は分散させること
    各社様々な保険を用意しています。得意分野と不得意分野が出るのは当然のことです。また昨今では加入者にとってあまりいい内容のニュースも出ていますしね。つまり、一社で全ての保障を任せるのは危険です。各保険会社のいいところ、得意のところだけを利用させてもらうのが賢い節約方法になることは間違いありません。目的別に複数社の保険に加入するようにしましょう。

    [保険の見直しに便利な一括資料請求]


    【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!







    ■■■■■■おすすめ案件いろいろ■■■■■■
    どう考えても1000円の教材内容ではありません。


    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM