スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています






■■■■■■おすすめ案件いろいろ■■■■■■
どう考えても1000円の教材内容ではありません。


  • 0

    生命保険の見直し・相談・比較

    節約(保険の見直し・見積もり) comments(0) trackbacks(0) sachi
    まず生命保険には2つの大きな意味があることを理解しましょう。
    ひとつはもちろん命に関わることです。もしものときに残された家族の為、ケガをしたときの医療費に当てるためなど。
    そしてもうひとつが貯金・貯蓄目的です。

    さらに、公的な保険もあります。これは普段意識していないかもしれませんが、国民年金や厚生年金です。年金とは老後のために。。。これも保険です。つまり、この公的保険を十分理解したうえで足りない部分・それ以上必要な部分を補う形の生命保険に加入するのが賢い方法だといえます。

    以上のことを理解・確認したうえで自分や家族にとって本当に必要な保険とは何か?を見極める必要があります。今現在も生命保険に加入していると思いますが、まずは今の保険を見直すことからはじめましょう。

    ■ 生命保険の見直しのポイントとは?
    生命保険を見直して保険料を安くしよう!とは言うものの、実際にはなにを見直せばいいのか分からない場合がありますね。だからこそ、本当に必要な保障をはっきりとさせることが大切です。とりあえずは今加入している保険を見てください。本当にそれで大丈夫ですか?もしくは払いすぎていませんか?例えばあなたの家系はガン家系では?などなど、見るところもその人や家庭によって違うはずですから、隅から隅まで良く確認することが見直しの第一歩です。

    ■ 掛け捨て型と貯蓄型の違い
    そもそも、こんなことを考えること自体が間違っています。それは役割が違うからです。保険だからとにかく保障が第一!だと考えるのであれば掛け捨て型で。老後の貯蓄目的ならば貯蓄型にすればいい。ただそれだけのことです。

    ■ いつまで支払うの?いつまで保障されるの?
    保険料は支払い期間と、保障期間で変わってきます。一生涯支払うタイプのものは月々の保険料は安くなりますが、長生きした場合は総額で高くなることもあります。単純に安くしたいのであれば支払い期間は長く、保障期間は短くすれば安くなりますが、まずは確認してください。

    ■ 保険会社と保険内容は分散させること
    各社様々な保険を用意しています。得意分野と不得意分野が出るのは当然のことです。また昨今では加入者にとってあまりいい内容のニュースも出ていますしね。つまり、一社で全ての保障を任せるのは危険です。各保険会社のいいところ、得意のところだけを利用させてもらうのが賢い節約方法になることは間違いありません。目的別に複数社の保険に加入するようにしましょう。

    [保険の見直しに便利な一括資料請求]


    【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!







    ■■■■■■おすすめ案件いろいろ■■■■■■
    どう考えても1000円の教材内容ではありません。


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク





      ■■■■■■おすすめ案件いろいろ■■■■■■
      どう考えても1000円の教材内容ではありません。


      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM